フォトブック・写真印刷

速くてびっくり!簡単な年賀状印刷「Rakpo」を試してみた感想

Rakpo年賀状印刷

年賀状印刷はいつもギリギリになってしまうことが多いのですが、今年こそは早割で頼みたい!と考えていました。

そこで簡単そうな年賀状印刷ができる所を探していたら「Rakpo」というサイトを見つけました。

サクッと作れて、2日後には商品が到着したのでびっくりしているところです。

☆最短翌営業日発送
※14時までのご注文で最短翌日仕上げ可能!『Rakpo』

いや本当に、年賀状印刷は早めがお得なので、早く手をつけたほうがいいですよー!なかなか行動するまでが腰が上がらないんですけどね(実体験)

「Rakpo」の何がいいの?

まず、デザインを決める→自分の住所や名前を入れる→写真を選ぶ、以上。わかりやすいシンプルな流れで悩むことなく作ることができました。

金額も安めで、なおかつ早割があるので、思っていたよりも金額はかかりませんでした。

詳しく説明していきます。

「Rakpo」の年賀状印刷の金額

はがき代と印刷料金、宛名印刷料金がかかり、送料は無料です。

11月15日(日)26:00までの注文なら、印刷料金が57%off

例えば、業務用レーザー印刷料金10枚なら、通常4000円かかりますが、57%OFFで1720円になります。+はがき代(年賀はがきなら1枚58円)となるので10枚で580円。合計2300円で出来ました!

枚数や印刷方法によって金額は変わってくるので、詳しくは、HPの「価格について 」をよくチェックしてください。

「Rakpo」の注文方法

PCからでもスマホからでも注文できます。(宛名印刷をお願いしたい場合は、PCのみ対応です)

1.RakpoのHP からデザインを選ぶ。

Rakpo年賀状印刷

2.好みのデザインを選択します。今回は「写真フレームのデザイン」にします。

Rakpo年賀状印刷

3.デザインを選んだら、印刷方式を選びます。「業務用レーザー印刷」はやや粗めな出来上がり、「クオリティ写真プリント」は仕上がりが綺麗です。

Rakpo年賀状印刷

4.自分の住所や名前、挨拶文を入力していきます。挨拶文はテンプレートがあります。

Rakpo年賀状印刷

5.写真を選択します。

Rakpo年賀状印刷

6.はがきの種類は年賀はがき(58円)もしくはディズニー年賀(63円)が選べます。印刷枚数を選択します。

Rakpo年賀状印刷

7.最後にお支払い方法を選択して、完了です。

クレジットカード、銀行振込、キャリア決済( docomo、SoftBank) 、代金引き換えから選択可能です。

「Rakpo」を操作してみて気になった点

実は「注文完了」の反応が遅くて、2回クリックしてしまったら2回分の注文になってしまいました。ボタンを押したら少し待つのがポイントです。

HPのお問い合わせから、連絡したらすぐ対応してくれました。

あと、デザインを探すときに「来年の干支・牛が入った写真フレーム」を見つけるのに少し時間がかかりました。

干支だけや写真フレームだけなら項目があるのですが、自分の好みのデザインを見つけるのには少し大変かもしれません。

「Rakpo」の出来上がりは?

注文して2日後にはポストに入っていました。「業務用レーザー印刷」で宛名なしにしたので速かったのだと思います。

年末あたりだとタイムラグがありそうなので早めが安心です。

Rakpo年賀状印刷到着

簡易的な包装ですが、小さい段ボールでしっかり梱包されて届きました。

Rakpo年賀状印刷到着

開くと、さらに小さな箱が入っていて、中に年賀状が収納されていました。

Rakpo年賀状印刷到着

「業務用レーザー印刷」はあまり画質はよくないほうかもしれません。

ですが、そこまひどいという感じでもなく、思った通りの仕上がりです。

Rakpo年賀状印刷到着

クーポン券のお知らせと年賀状に貼れるシールがおまけでついてきます。地味に嬉しい。

「Rakpo」は安くて速い印刷を頼みたい人におすすめ

とにかく到着が速くて、安心しました。「業務用レーザー印刷」を選択したのとスマホで撮影した写真を使ったのであまり綺麗ではありませんでした。

安く済ませたいよ!という人にはおすすめしたいです!

「業務用レーザー印刷」10枚で2300円でした。

少し値段が上がってもいいなら「クオリティ写真プリント」を選ぶのがよいと思います。

今年の仕事、少し終わってホッとしています(これから宛名書かないといけませんが!)

☆最短翌営業日発送
※14時までのご注文で最短翌日仕上げ可能!『Rakpo』