つまみ細工

100均(ダイソー)のつまみ細工キットで二重丸つまみのお花を作ってみた。試す価値ありです!

100均(ダイソー)のつまみ細工キットで作ってみた

ダイソーのつまみ細工キットをやっと見つけたので、使用感をレビューしていきたいと思います。

ダイソーのつまみ細工キット

100均(ダイソー)のつまみ細工キット

所要時間30分と書いてありますが、初心者だと1時間はかかると思います。

入っているもの

100均(ダイソー)のつまみ細工キット

ちりめん生地3枚とビーズ3個が入っています。セリアのつまみ細工キットには台紙が入っていたので、ダイソーも入っていたらよかったのになと思いました。

用意するもの

100均(ダイソー)のつまみ細工キット

「 用意するもの」が書いてありましたが、これだけでは足りません。むしろ、チャコペンと洗濯バサミはいらないかもしれません。

100均(ダイソー)のつまみ細工キット

準備できたらするもの

  • はさみ
  • 定規
  • 消えるペン(ボールペンでもok)
  • ピンセット(100均でも売ってる)
  • ボンド
  • 厚紙
  • つまようじ
  • おてふき(濡らしたタオルなど)
  • ロールカッター(あると便利)
  • カッターマット(あると便利)

ロールカッター以外は100均で揃えられます!ピンセットは先が細いものを選んでください。

ロールカッターとカッターマットは生地を切るときに綺麗に切れるので、使ってほしいアイテムです。しかし、生地に線を引いてはさみでカットもできますので、お好きな方で作ってみてください。

ダイソーのつまみ細工キットを作っていきます

100均(ダイソー)のつまみ細工キット

生地を切って、厚紙を丸に切っていきます。この丸の定規はあると便利ですが、なくても丸い筒で書いてもいいと思います。

丸く切れればOK。きちんと丸じゃなくても隠れる場所なのでふあまり気にしなくても大丈夫です。

100均(ダイソー)のつまみ細工キット

台紙にちりめん生地を貼り付けていきます。ボンドをのっけているビニールはキットが入っていた袋です。

どうせ捨てるので、活用していきます。

100均(ダイソー)のつまみ細工キット

切り出したら、つまんでいきます。

説明書を見ながらつまんでもいいのですが、今回は二重丸つまみでつまんでみました。

ボンドでつけてつまんだら、こまめにおしぼりで手を拭いていくのは地味に大事な工程です。

100均(ダイソー)のつまみ細工キット

説明書を見ていくと、この赤丸の部分のお花の様子がおかしい…

のち
のち
なんか変なつまみ方してるー

さすが100均クオリティ。ここは気にせず進みます。

100均(ダイソー)のつまみ細工キット

ボンドでくっつけていき、ビーズを乗せれば完成です!

100均(ダイソー)のつまみ細工キット

せっかくなので、花びらの先端を折って、桜にしてみました!

セリアよりダイソーのつまみ細工キットがおすすめ!

やっぱりダイソーのちりめん生地の方がほつれも少なくてつまみやすかったです。100円なら試しても損はないセットだなと思いました。

つまみ細工を本気で学びたいなら、フェリシモのキットがおすすめです。実際に作ってみて、扱いやすいしっかりとしたちりめん生地とわかりやすい説明書がついていますよ。

 

\基礎を学べます!/