ばばあの小言

何歳からおばさんと呼ばれる?歳相応が一番!

何歳からおばさんとよばれるのか

こんにちは、のちです。

私が加入しているクソババアサロンは子育て中のママさんにおすすめのInstagramです!

今回はクソババアサロンに寄せられた質問にお答えします。

質問

いま30歳ですが何歳からおばさんになるんでしょう。
見た目?若作りしても痛々しいし…

何歳からおばさんと呼ばれるのか、私も考えたことがあります。

おばさんという言葉を使われると一気に悲しくなりますよね。

アンケート結果でみるおばさん年齢は?

BIGLOBEの調査で全国の10代~50代の男女1500人を対象にアンケートを行った結果「45.4歳」からおばさんだと思うという結果がでていました。(2018年7月の調査)

意外と最近の10代の子はおばさんだと思う年齢層が高めで、ちょっとホッとしました。

世間では45.4歳からおばさんと思われているのですね。

しかし、最近の40代の女性は綺麗な人が多いと思いませんか?

見た目の美しさももちろんありますが、いきいきしている人は若く見える!

年相応の美しさってあると思うのです。

近藤サトさん(50代)の場合

例えば、近藤サトさんという方はご存知ですか?

元フジテレビアナウンサーで現在はフリーランスとしてTV番組のナレーションや大学特任教授として指導にあたっています。

近藤サトさんは2019年で51歳になります。

若い頃からとても美人な方なのですが、2018年ごろから白髪のままでTVに出演するようになりました。

のち
のち
白髪がとても似合っていて綺麗でした!

事務所の社長は否定的だったのですが、人に何を言われても気にしないとのこと。

きっかけは東日本大震災の後、防災グッズを整理している時に白髪染めをバッグに入れようとしている自分に疑問を抱いたからです。

年齢に抗わないのは、若さにしがみつかないということ。若さにしがみつくのは“時代遅れ”だと思います。これまでいろんな経験を経て、それって馬鹿らしいなと思ったんです。
引用:ORICON NEWS

ここで私が言いたいのは、「髪を染めるな」ということではなくて「自分が納得して自分に似合う姿でいること」が何よりも素敵に見えるということです。

白髪は実年齢よりも老けて見えます。

でも近藤サトさんを見て、おばさんだとは思いませんでした。

とても自立した女性で憧れの目で見ています。

こんな本を読んだことがあります。

プロの道で活躍されている女性たちからの話はとても面白くて、歳を重ねるごとに素敵な女性への道を進んでいます。

独断と偏見で思う痛いおばさん

痛いおばさん

私が独断と偏見で思う痛いおばさんとは、

  • 若い子が着るような服を着用
  • 身だしなみに気をつけていない
  • 子供のような言動
  • 濃すぎるメイク
  • 香水がきつい

10代や20代の女性が着るような服装は本当にやめて頂きたい!若作りをしているのかなんなのかわからないけど、逆にものすごくおばさんに見えます。

20代の頃、会社に勤めていたときに社員、パートみんなでカラオケに行きました。そのときの50代のパートさんの服装が胸を露出したトップスとミニスカートを着てきて、とっても見苦しかったんです!

胸を露出してもセクシーで素敵な50代もいますよ、ただただその人には似合っていなかったのであまりにも痛々しかった。

そのパートさんは好きな男性社員さんがいたんですよね。

アピールかな?と思うと、なおさらつらかった…(男性社員には相手にされず)

30代の美しさを目指す

私は現在34歳ですが、34歳なりの服装や行動をしていこうと決意しています。

お肌のハリとか体力的なこととかどう足掻いたって若い頃には叶わないのです。

なら、30代なりの美しさってやつをがんばってみようじゃないの!

なので、今ダイエットをゆる~く始めています。

ダイエットとは言っても、ガリガリは綺麗じゃないので筋肉をつけながら健康的な体型を目指しています!

歳相応の美しさが一番!

開放的 歳相応を目指そう

以前Twitterでこんな言葉を見かけました。

将来、人から愛される可愛いおばあちゃんになりたいので、この言葉はこれから生きていく上で指標にしています。

30代は強く

子育てに仕事に忙しい毎日を過ごしているママさんたちは強い!

歳相応を一緒に目指していきましょう。