妊娠中

個人病院or総合病院どちらで出産が安心?総合病院であった嫌なこと!

出産&産後に病院であった嫌なこと

妊娠前から温存していた子宮筋腫が妊娠5ヶ月目に激痛をおこしたため、家の近くの個人病院から街の総合病院に転院となりました。

総合病院では予定帝王切開が決まり、自己血を保管したり手術のための全身麻酔の説明など事前に段取りよく進めてくれて、安心して出産に臨むことができました。

赤ちゃんも無事に産まれたのでとても感謝しています。しかし!看護師の態度について怒っていることがあります。

総合病院であった嫌なこと

総合病院の受付

その1 陣痛の受付対応

陣痛がきてタクシーですみやかに病院へ向かい「病院に着いたら受付で待ってて下さい」との指示でした。その日は休日で救急出入口受付にいました。

50歳くらいの女性の看護師がイライラした様子でこちらに向かってきて「車椅子乗るの?乗らないの?どっち?」と聞いてきました。

そんないきなり怒り口調ある?とイラッときましたが、まだ耐えられる痛みだったので「いりません」と答えました。

だからといって別に車椅子に乗っていたら良かったという話ではないですがこの直後に破水をしていました。この看護師とはこの後に会うことはありませんでした。

その2 授乳室の衝撃発言

産後3日目の夕食の時間。ちょうど旦那が面会に来ていて一緒にご飯を食べてから授乳にいこうと思っていました。旦那はコンビニご飯、私は病院食。

ご飯を食べ終わってから旦那が帰り授乳しようと授乳室に行きました。先客にママさんひとりと授乳指導していた30代くらいの看護師がいました。「どうもー」と挨拶をして座った瞬間に「くっさ!」と大きな声が聞こえてきました。

一瞬何が起きたのかわからず

のち
のち
あ、臭いの私かな?食事で出たバナナの匂いがきついのかも?

と気がつきました。

発言したのは看護師でした。私は恥ずかしさとそんな大きな声に出す程ではないんじゃない?と怒りでいっぱいになりました。この看護師もこれ以降、会うことはなかったです。

その3 1ヶ月検診の流れ

娘の1ヶ月検診のときに子宮筋腫の状態も確認するから「産婦人科の予約と小児科の1ヶ月検診を同じ日にして検診の待ち時間に子宮筋腫の診察をする」という流れで決まっていました。

なのでその日は早めに病院へ行き受付を済ませて、まずは小児科からということでした。が、一向に呼ばれない。

結局、小児科の1ヶ月検診は一番最後で待ち疲れもしていて「授乳は検診前にしないでください」とのことだったので診察が終わったら急いで授乳室で娘に授乳をしていました。

すると50歳くらいの看護師がいきなり授乳室に入ってきて「何やってるの!先生が待ってるのよ!」と怒ってきました。

のち
のち
いやいやいやいやいや、待たされたの私たちですけど!

どうやら最初に受付をしたときに母子手帳を預けなきゃいけなかったのですが、産婦人科で保管していたために小児科でも母子手帳を確認しなきゃいけないのに産婦人科の部屋に置きっぱなしでそのままだったようです。

産婦人科と小児科の連携がうまく取れていなかったのでした。知らんがな!

この日は本当に疲れました。これ以降、この病院に行くことはやめようと思いました。ちなみによくドラマの撮影で使われている病院です。

余談

後日、看護師の友達とたまたま出産した病院の話になったときにこのことを話したら、ここの産婦人科で働いていた看護師の友達が職場の人間関係が最悪ですぐ辞めたんだと言っていました。

他の看護師は本当に親切な方が多かったです。妊娠中も気遣いや対応に不満を持ったことはありませんでした。

きっと一部の方がひどい態度なのだと思います。その2の看護師が一番イラッときました!

個人病院は親切&病院食が美味しいと人気だった

個人病院のごはん
家の近くにあった個人病院は病院食が美味しいと評判で大人気の病院でした。先生は高齢のおじいちゃんふたりでしたが、親切で優しい口調だったのですごくお気に入りの病院でした。

ただここは人気すぎて待ち時間が長かったり、通常診察時間に出産が重なってしまうともっと遅くなってしまうことがありました。

あと事前に10万を前金として払うことが出産の絶対条件でした。前金の支払いは済んでいたので転院後すぐに返金してもらいました。

私みたいにちょっとでも異常がある場合はハイリスク妊娠としてみなされて、大きな病院に転院させているみたいです。悲しい。

ちょっと怖い看護師はいた

子宮筋腫が妊娠5ヶ月目に激痛をおこしたとき、寝ていれば治るだろうとかなり我慢してしまって耐え切れなくなった早朝に個人病院へ電話しました。

すると「なんでもっと早く言ってこないの?すぐ来なさい!」と怒られてしまいました。

確かにそうですよね。もしお腹の赤ちゃんになにかあったら…これにはかなりへこんで泣きました。

「何時に来れるの?」と聞かれて、その日は旦那が車で送ってくれるかわからなかったので曖昧に時間を答えてしまって、結局早く病院に着いてしまいました。

看護師に「着くの早くない?」と嫌味っぽく言われてしまいました。これはまあ私が悪いのかな。この後すぐに先生に診てもらい赤ちゃんにはまったく影響はないけど今後のことを考えて転院ということになりました。

ハイリスク妊娠なら総合病院が安心

看護師イメージ
個人病院は妊娠5ヶ月目までしか通院していないのでわかりませんが、かなり評判がよい病院だったので本音はこちらで産みたかった。

しかし私みたいにハイリスク妊娠の場合はしっかりと対応してくれた総合病院で安心して出産することが出来て、本当に感謝しています。

看護師というお仕事は責任重大なので大変だと思っていますし、優しい人ならなおさら尊敬の念と憧れの目で見ています。なので優しい看護師が増えたらいいなとしみじみ思いました。